NameCard~かご職人・クラフター

オンラインショップを初めてこの夏で19年になります。
その後、ワークショップを始めるようになりましたが、対象者となるほとんどは個人の方です。
たまに対企業様のとき、お名刺をいただくことがあります。
「名刺、作っていなくて・・・」とごまかしていました。
今まで、名刺を作っていませんでした。
商品となるかごにはタグを付けています。
それだけでええや!とええ加減なものです。

名刺を作るという思考がなかったというのが正直なところです。
近頃、私は在籍している会社で名刺交換をする機会を与えられています。
2年ほど経ちます。
名刺の存在が近いものになっています。

そんな折、先日、某企業様より講師の依頼をいただきました。
直接お声がけいただいたのはそのような企画をする会社様です。
講師というよりワークショップですが、それを開催する大元は某大手企業様です。
企画段階の話でした。
平日はフルタイムで仕事をしている身ですので、対応できる日程も土日推しです。
色々条件を付けてその企画に対応する旨を回答しました。
正直なところ、非常にありがたい話なのですが積極的に対応したいという気持ちはありませんでした。
結局、その企画は通らなかったようです。
ホッとしました。
ちょっと残念でしたが。

それは、インターネットからいただいたお話です。
そういう切り口もあるのかと思ったのと興味深かったのは確かな話です。
そして、ふと、次にこんな機会があったときには積極的に対応しよう。
そのためにはまずは名刺を作ろうと考えました。

Illustratorを使って作ってみることにします。
肩書きで悩みます。
最初は肩書きはいらないと思ったのですが、何をする人なのか分からないのはよろしくありません。
「代表」と書くのはしっくりきません。
気持ちが落ち着きません。

私はバスケットを作ります。
名刺をお渡しする機会があるとすれば、今回のようなワークショップの主催担当の方との打ち合わせのときでしょう。
ウェブサイトは趣味で作り、運営しています。
文言を並べて文章を作るのが好きです。
これらを合わせて、「かご職人・クラフター」としました。
他にもあれこれやっています。
そして、今回作った名刺は両面印刷にしました。